macOSへの証明書配布

Mac OS X

GléasからmacOSへの証明書インポート方法は、秘密鍵のエクスポート不可にし、インポートワンス機能が使える専用アプリ「Gléas CertImporter」形式と、Safariだけで証明書をインポートする形式があります。

証明書と同時に、WiFiのプロファイルをインポートさせることもできます。

インポートワンス機能

それぞれの電子証明書のインポートを1回に制限するのがインポートワンス機能です。
デフォルト設定ではアカウントが有効なユーザーであれば、複数の端末に同じ証明書をインポートできます。
しかし、インポートワンス機能が有効になっている場合は、2回目以降の証明書インポートはできません。

インポートワンス

外部LDAP/Active Directory認証連携

ユーザが電子証明書をダウンロードするときのGléasでの認証で、LDAP/Active Directory内にあるIDとパスワードを利用できます。
パスワードの管理をLDAP/Active Directoryで一元化でき、管理者・ユーザー双方の負担を軽減します。

外部LDAP/Active Directory認証連携

関連ニュース

  1. 2019.03.04 KAMOME SSOを使ったG Suiteシングルサインオン 技術資料
  2. 2019.01.29 SafeNet Trusted Accessを使ったOffice 365証明書認証 技術資料
  3. 2018.12.27 Office 365とADFSでのクライアント証明書認証 技術資料
  4. 2018.08.23 MobileIronと連携したクライアント証明書発行配布 技術資料
  5. 2018.07.17 Workspace ONEとPPSでの端末ポリシーチェック 技術資料

機能の詳しいご説明や、お見積り、ご相談をご希望の場合は
下記フォームよりお問い合わせ下さい。


お問い合わせ