Office 365とPingFederateでの電子証明書認証

Gléasで発行したクライアント証明書を使って、Office 365(ブラウザ/ネイティブアプリ)へのログインにPing Identity社のSSOサーバ「PingFederate」経由での電子証明書認証の動作確認を行いました。 設定手順PDF(2.3MB) Windowsからブラウザ/ネイティブアプリで、iOSからネイティブアプリでのOffice365へログインします。 iOSでは電子証明書認証にMicrosoft Authenticatorを使います。 なお、PingFederateを経由したG...
続きを読む

SlinkPassによるiOS版Officeアプリでの端末認証

Gléasで発行したクライアント証明書と、株式会社セシオスのシングルサインオンサービス「SeciossLink」のiOS用クライアントアプリ「SlinkPass」との組み合わせで、端末制限機能の認証動作を確認しました。 SeciossLinkとSlinkPass 2016年6月、SeciossLinkはネイティブアプリを利用するiOSデバイスからのアクセスを制御する機能を追加しました。 OfficeやGmailなどのSaaS用ネイティブアプリはその特性上、多要素認証・端末制限が困難でしたが、最近では簡易ブラウザを介して認証をおこなうアプリが増えてきました。 その一方で、iOSの簡易ブラウザではクライアント証明書認証ができませんでした。 この状況のなか、SeciossLinkでは簡易ブラウザに対応したネイティブアプリからのアクセスに対して、証明書がない端末を拒否する機能を専用認証アプリSlinkPassに実装しています。 現在の動作検証済みアプリは、Office...
続きを読む

SeciossLinkクライアント証明書発行依頼機能対応

SeciossLinkは、シングルサインオンと統合ID管理をセットにしたSaaS型サービスです。 SAML(Security Assertion Markup Language)をサポートするクラウドサービスをはじめ、 プライベートクラウドや社内のオンプレミスのシステムとシングルサインオンをおこなうことができます。...
続きを読む

VANADISシリーズに対応

Gléasは、株式会社NTTデータのID管理・シングルサインオン製品「VANADISシリーズ」に対応しました。 VANADISシリーズは、分散処理型に移行した個々の企業内システムにおける 利用者情報(ID、パスワード)・権限情報の統合的な管理を実現するVANADIS Identity Manager(以下、VIM)および Webシステム個々のログイン操作を不要とし、一度のログインのみで複数のWebシステムを利用できる VANADIS SSO Web Editionから構成されます。 VANADISシリーズとGléasの連携によって、クライアント証明書をUSBトークンやICカードのセキュリティデバイスに格納し、 ユーザがセキュリティデバイスを持っていること、その...
続きを読む

AccessMatrix USOとeTokenを使った証明書認証

PDFダウンロード(1MB) Gléasと株式会社ハイ・アベイラビリティ・システムズが販売する シングルサインオン製品「AccessMatrix™ USO」および 日本セーフネット株式会社のPKIデバイス eTokenシリーズ」との連携による Office365などのクラウドサービスへのセキュアなシングルサインオンソリューションを発表します。...
続きを読む

HP IceWall SSOでのクライアント証明書認証

Gléasで発行した電子証明書を使って、日本セーフネット株式会社の認証デバイス eTokenシリーズと、日本ヒューレット・パッカード株式会社のWebシングルサインオンソリューション HP IceWall SSOで、証明書認証の動作確認を行いました。 設定手順PDF(1.6MB)...
続きを読む
12