MDM/EMM連携

iOSやAndroidだけでなく、Windows、macOS、Chrome OSを含めた企業内のモバイルデバイスの増加に伴い、MDM/EMMを導入する企業が増えています。

いくつかのMDM/EMMは、サービス内に認証局機能を持たせていますが、Office 365をはじめとするクラウドサービスやLAN、リモートアクセスなど、複数の認証用途に対応するには、サービス内の認証局では対応できない場合があります。

そのため、多くのMDM/EMMでは外部の認証局とSAML(Security Assertion Markup Language)による連携機能を持たせています。
GléasはSAMLによる証明書発行はもちろん、外部システム連携APIによる証明書発行にも対応しています。

ユーザがデバイスをMDM/EMMにチェックインさせると、MDM/EMMはユーザのステータスに応じてGléasに証明書発行依頼を送ります。
Gléasは証明書発行依頼に適したテンプレートで証明書を発行しMDM/EMMに証明書を送ります。
この際、証明書と同時にActiveSync、無線LAN、VPNなどの設定を構成プロファイルとして含めることができます。

MDM/EMMはデバイスに証明書をプッシュ送信します。
ユーザはデバイスをチェックインするだけで、証明書だけでなく、メールや無線LAN、リモートアクセスへの接続設定が自動でインストールされるため、キッティングの負担を大幅に軽減できます。

MDM/EMM連携

関連ニュース

  1. 2018.10.15 Workspace ONEとBIG-IP APMでのPer-App VPN 技術資料
  2. 2018.09.10 BlackBerry WorkでのEAS証明書マッピング認証 技術資料
  3. 2018.08.23 MobileIronと連携したクライアント証明書発行配布 技術資料
  4. 2018.07.17 Workspace ONEとPPSでの端末ポリシーチェック 技術資料
  5. 2018.07.04 VMware BoxerとEASのクライアント証明書認証 技術資料
  6. 2018.06.12 AirWatchとPulse Secureでの端末ポリシーチェック 技術資料
  7. 2018.04.02 VMware Identity Managerでのクライアント証明書認証 技術資料
  8. 2017.12.20 AirWatchと連携したクライアント証明書発行配布 技術資料
  9. 2016.01.29 BizMobile Go!でのiOSへの電子証明書配布 アップデート

機能の詳しいご説明や、お見積り、ご相談をご希望の場合は
下記フォームよりお問い合わせ下さい。


お問い合わせ