対応デバイス

Windows

Windowsへの電子証明書配布は、GléasではInternet Explorerを使う方法が推奨されます。Active Direcoryの管理外のデバイスにも安全・確実に電子証明書を配布できます。

詳しく見る
iOS(iPhone/iPad)

iOSへの電子証明書配布は、GléasではSafariを使う方法が推奨されます。証明書の配布時に無線LANやVPN、ActiveSyncの接続設定を構成ファイルとして同時にインポートできます。

詳しく見る
macOS

macOS への電子証明書配布は、証明書インポート専用アプリ CertImporter を使う方法と、ブラウザ (Safari) を使う方法があります。

詳しく見る
Android

Androidへの電子証明書配布は、ブラウザ (Chrome) を使います。一部の VPN アプリに対し証明書と接続設定を配布することも可能です。

詳しく見る
USBトークン

Gléasは、Gemaltoや日本セーフネット社のUSB型/スマートカード型の認証デバイスに電子証明書をインポートできます。

詳しく見る