証明書の用途

Header icon
Office 365

Office 365へのログイン認証をAD FSなどのSAML認証サーバに委任することで、認証要素として電子証明書が使用できます。ウェブブラウザからだけでなくOSネイティブアプリでも証明書認証は使えます。

詳しく見る
SSL-VPN

F5 BIG-IP APMやPulse Connect Secure、Cisco ASAシリーズなど主要なSSL-VPNアプライアンスで、認証要素として電子証明書が使用できます。Per-App VPNの認証においては電子証明書は必須要素です。

詳しく見る
無線LAN

企業での無線LANの認証には、ユーザごとに認証をかける802.1X方式が推奨されます。なかでもEAP-TLSはRADIUSサーバとクライアント端末の双方が電子証明書を保持し、認証と通信の暗号化がおこなわれます。

詳しく見る
MDM / UEM連携

企業におけるモバイルデバイス活用の浸透に伴い、MDMやUEMと呼ばれるシステムを導入する企業が増えています。MDM / UEMには、管理下のデバイスに様々な設定を送り込むことができます。電子証明書もその一つです。

詳しく見る
クラウドサービス

クラウドサービスを業務で利用することが当たり前になり、すべてのクラウドサービスで認証セキュリティの担保が求められます。そのようなニーズにSAMLと呼ばれる認証の標準規格があり、電子証明書が利用できます。

詳しく見る
Header icon
デスクトップ仮想化

デスクトップ仮想化で電子証明書認証をおこなうメリットは、仮想環境にアクセスできる端末を限定できる点です。電子証明書認証時に、ログインIDをクライアント証明書から抽出することで、ログインIDの詐称を防ぐことも可能です。

詳しく見る
Exchange ActiveSync

Office 365のExchange Onlineと、オンプレミスのExchangeサーバのActiveSyncでは、証明書認証がサポートされています。電子証明書によるデバイス認証と、デバイス上のロック解除でユーザ認証を行う二要素認証が推奨されます。

詳しく見る
Webサーバ

業務で使うアプリケーションをWebサーバで提供する場合、認証は電子証明書が多く使われています。Apache、IIS、nginx、Tomcatといった主要なWebサーバソフトウェアが証明書認証をサポートしています。

詳しく見る
スマートカードログオン

クライアント証明書を含むUSBトークンでのログオンは、Windowsへのログオン、シンクライアントへのログオン、クラウド/Webサーバーへのログオン、シングルサインオンへのログオンなどに幅広く活用されています。

詳しく見る