Office 365での証明書認証

Office 365

Office 365の利便性は理解できるものの、メール、エクセル、ワードなどのデータが
IDとパスワードの組み合わせだけで、どこからでもアクセスできることに不安を感じ
導入に踏み切れないケースもあります。

Microsoftはそうしたユーザ企業の要望に応え、
Office 365に電子証明書認証を対応させています。
Windowsだけでなく、macOS、iOS、AndroidのOfficeネイティブアプリでも証明書認証が使えます。

詳しく見る >

SSL-VPNでの証明書認証

SSL-VPN

SSL-VPNによる通信の暗号化は、高度なセキュリティ性がありながら、
一般的なウェブブラウザやメールソフトが使える強みがあり、
リモートアクセスの仕組みの中で主流となっています。
認証時に、Gléasが発行するクライアント証明書がお使いいただけます。

Pluse Connect Secure(パルスセキュア)、BIG-IP APM(F5)、Cisco ASA(シスコシステムズ)など
多くのSSL-VPN製品との連携実績があります。

詳しく見る >

無線LANでの証明書認証

無線LAN

無線LANなどで利用される認証規格IEEE 802.1Xの EAP-TLS認証に、Gléasが発行する電子証明書がお使いいただけます。

RADIUS認証サーバを利用する802.1Xでは、認証方式としてMD5/PEAP/TTLS/TLSがあります。
電子証明書でRADIUSサーバとクライアント端末双方が認証を行い最高レベルのセキュリティ性を持つのがEAP-TLSです。

詳しく見る >

クラウド/ Webサーバでの証明書認証

クラウド・Webサーバ

Office 365、G Suite、Salesforceなどのクラウドサービス、
Apache、IIS、nginxなどのWebサーバに対して、
電子証明書とID/パスワードの組み合わせるによる二要素認証で高度なセキュリティを確保できます。

詳しく見る >

デスクトップ仮想化での証明書認証

デスクトップ仮想化

デスクトップ仮想化で電子証明書認証をおこなうメリットは、
仮想デスクトップにアクセスできる端末を限定できる点です。

電子証明書認証時に、仮想デスクトップへのログインIDを
クライアント証明書から抽出することで、ログインIDの詐称を防ぐことも可能です。

詳しく見る >

Exchange ActiveSyncでの証明書認証

Exchange ActiveSync

Exchange ActiveSyncをセキュアに利用するには、ユーザ認証に加えてデバイス認証が必要です。

ユーザ認証は指紋によるデバイスのロック解除でするとして、デバイス認証(デバイスの特定)には電子証明書認証が最適です。

Gléasは、iOSデバイスに対して、クライアント証明書に加えてExchange ActiveSyncの接続設定を含む構成プロファイルをインポートさせることができます。

詳しく見る >

シングルサインオンでの証明書認証

シングルサインオン

SecciosLink、AccesssMatrix USO、IceWall SSOなどのシングルサインオンサービスと
電子証明書を組み合わせることで、多くのサービスに1回の認証でログインできる利便性を保ちながら
よりセキュアにアクセスできるようになります。

詳しく見る >

USBトークンログオンの証明書認証

USBトークン

USBトークン(スマートカード)でのログオンは、
USBトークンの所持と、暗証番号(PIN)の二因子認証になります。

クライアント証明書を含むUSBトークンでのログオンは、
Windowsへのログオン、シンクライアントへのログオン、
クラウド/Webサーバへのログオン、シングルサインオンへのログオンなど
幅広く活用されています。

詳しく見る >

機能の詳しいご説明や、お見積りをご希望の場合は
各地の販売パートナーをご紹介いたします。


お問い合わせ