Office 365での証明書認証

Office 365

Office 365の利便性は理解できるものの、メール、エクセル、ワードなどのデータが
IDとパスワードの組み合わせだけで、どこからでもアクセスできることに不安を感じ
導入に踏み切れないケースもあります。

Microsoftはそうしたユーザ企業の要望に応え、
Office 365に電子証明書認証を対応させています。
Windowsだけでなく、OS X、iOS、AndroidのOfficeネイティブアプリでも証明書認証が使えます。

詳しく見る >

SSL-VPNでの証明書認証

SSL-VPN

SSL-VPNによる通信の暗号化は、高度なセキュリティ性がありながら、
一般的なウェブブラウザやメールソフトが使える強みがあり、
リモートアクセスの仕組みの中で主流となっています。
認証時に、Gléasが発行するクライアント証明書がお使いいただけます。

PulseSecure社Pluse Connect Secure、F5社BIG-IP APM、シスコシステムズ社Cisco ASAなど
多くのSSL-VPN製品との連携実績があります。

詳しく見る >

クラウド/ Webサーバでの証明書認証

クラウド・Webサーバ

Google Apps、Office 365、Salesforceなどのクラウドサービス、
Apache、IIS、nginxなどのWebサーバに対して、
電子証明書とID/パスワードを組み合わせることにより、
高度なセキュリティ強度を持つユーザ認証が可能になります。

詳しく見る >

無線LANでの証明書認証

無線LAN

無線LANなどで利用される認証規格IEEE 802.1Xの EAP-TLS認証に、Gléasの発行する証明書がお使いいただけます。

RADIUS認証サーバを利用する802.1Xでは、認証方式としてMD5/PEAP/TTLS/TLSがあります。
電子証明書でRADIUSサーバとクライアント端末双方が認証を行い
最高レベルのセキュリティ性を持つのがEAP-TLSです。

詳しく見る >

シングルサインオンでの証明書認証

シングルサインオン

SecciosLink、AccesssMatrix USO、SecureJoin®などのシングルサインオンサービスと
電子証明書を組み合わせることで、多くのサービスに1回の認証でログインできる利便性を保ちながら
よりセキュアにアクセスできるようになります。

詳しく見る >

デスクトップ仮想化での証明書認証

デスクトップ仮想化

デスクトップ仮想化で電子証明書認証をおこなうメリットは、
仮想デスクトップにアクセスできる端末を限定できる点です。

電子証明書認証時に、仮想デスクトップへのログインIDを
クライアント証明書から抽出することで、ログインIDの詐称を防ぐことも可能です。

詳しく見る >

USBトークンログオンの証明書認証

USBトークン

USBトークン(スマートカード)でのログオンは、
USBトークンの所持と、暗証番号(PIN)の二因子認証になります。

クライアント証明書を含むUSBトークンでのログオンは、
Windowsへのログオン、シンクライアントへのログオン、
クラウド/Webサーバへのログオン、シングルサインオンへのログオンなど
幅広く活用されています。

詳しく見る >

機能の詳しいご説明や、お見積りをご希望の場合は
各地の販売パートナーをご紹介いたします。


お問い合わせ