macOS

macOSへの電子証明書配布

GléasからmacOSへの証明書インポート方法は、秘密鍵のエクスポート不可にし、インポートワンス機能が使える専用アプリ「Gléas CertImporter」形式と、Safariだけで証明書をインポートする形式があります。

証明書と同時に、WiFiのプロファイルをインポートさせることもできます。



インポートワンス機能

インポートワンス

個々の電子証明書のインポートを1回に制限するのがインポートワンス機能です。

インポートワンス機能が無効になっている場合は、アカウントが有効なユーザーであれば、1枚の証明書を複数の端末にインポートできます。インポートワンス機能が有効になっている場合は、2回目以降の証明書インポートはできません。

Gléasのユーザ用ウェブページからデバイスにインポートされた電子証明書は、秘密鍵のエクスポート負荷設定がされているため、他のデバイスにコピーすることができません。

インポートワンス機能を有効にすることで、個々の電子証明書が使える端末を1台に限定することができます。

インポートワンス機能は、WindowsでのInternet Explorerを使う方式、iOSでのSafariを使う方式、macOS / Androidでの専用アプリを使う方式のときに有効にできます。