JS3は、多要素認証に関する市場調査を行いました。

調査日 2018年4月3日〜4月4日
調査方法 インターネット
調査対象 従業員数101名以上のITセキュリティ導入決定/情報収集者
有効回答数 1,031

調査結果

多要素認証の導入状況

従業員数 導入済 未導入
101〜500名 44.4% 55.6%
501〜1000名 56.8% 43.2%
1001名以上 69.3% 30.7%
全体 55.7% 44.3%

導入している多要素認証の手段(複数選択可)

従業員数 証明書 スマホ スマホ以外ののOTP 生体
101〜500名 63.2% 25.0% 24.5% 26.8%
501〜1000名 69.6% 27.8% 27.8% 35.4%
1001名以上 67.3% 21.8% 24.0% 29.5%
全体 66.0% 23.9% 24.7% 29.3%

次に導入を検討する多要素認証の手段(複数選択可)

従業員数 証明書 スマホ スマホ以外ののOTP 生体
101〜500名 12.1% 13.3% 17.2% 18.6%
501〜1000名 15.1% 14.4% 20.1% 18.0%
1001名以上 15.4% 17.9% 20.2% 27.0%
全体 13.8% 15.2% 18.7% 21.7%

多要素認証を導入していない理由

従業員数 予算がない 利便性が落ちる 優先度が低い
101〜500名 24.7% 22.9% 39.3%
501〜1000名 15.0% 33.3% 28.3%
1001名以上 18.0% 26.2% 33.6%
全体 21.7% 25.2% 36.3%