GléasとVMware社のモバイルデバイス管理サービス AirWacth を連携させ、クライアント端末への証明書の自動配布をおこなう動作確認を行いました。

設定手順PDF (1MB)

構成図
AirWatchからの証明書配布

事前にAirWatchの管理画面で、クライアント証明書を発行する外部認証局としてGléasを登録しておきます。

クライアントがAirWatchの管理下になると、AirWatchはGléasの外部システム連携用APIに証明書発行要求を送信します。
Gléasは要求に合わせた証明書を発行し、レスポンス送信します。

AirWatchは発行されたクライアント証明書を端末にプッシュ配信します。

GléasとAirWatchの間で直接通信ができない場合は、中継サーバとなるAirWatch Cloud Connectorを設置して、Gléasへインターネット側から直接通信をさせない構成を取ることもできます。

この連携により、デバイスがAirWatchの管理下に入るだけでクライアント証明書を配布することができるため、キッティングの手間を大きく省くことが出来ます。

関連するコンテンツ

関連ニュース

  1. 2019.03.20 MobileIronとPulse SecureでのPer-App VPN 技術資料
  2. 2019.02.27 Workspace ONEとPulse SecureでのPer-App VPN 技術資料
  3. 2018.10.15 Workspace ONEとBIG-IP APMでのPer-App VPN 技術資料
  4. 2018.08.23 MobileIronと連携したクライアント証明書発行配布 技術資料
  5. 2018.07.17 Workspace ONEとPPSでの端末ポリシーチェック 技術資料
  6. 2018.07.04 VMware BoxerとEASのクライアント証明書認証 技術資料
  7. 2018.06.12 AirWatchとPulse Secureでの端末ポリシーチェック 技術資料
  8. 2018.04.02 VMware Identity Managerでのクライアント証明書認証 技術資料
  9. 2016.01.29 BizMobile Go!でのiOSへの電子証明書配布 アップデート
  10. 2012.11.15 VMware Viewへの電子証明書認証 技術資料

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ