Gléasで発行したクライアント証明書を使って、VMware BoxerでExchange ActiveSync(EAS)接続におけるクライアント証明書認証の動作検証を行いました。

設定手順PDF(1.7MB)

Workspace ONE UEM(AirWatch)とGléasの連携(関連PDF )と、Exchangeサーバのクライアント証明書マッピング認証の設定(関連PDF )を行います。

iOSがAirWatchへデバイス加入し、Boxerをインストールすると、AirWatchはGléasに証明書発行リクエストを送ります。
Gléasはクライアント署名書を発行し、AirWatchへ送信します。
AirWatchはクライアント証明書と、Exchange ActiveSyncの設定をiOSへプッシュ配信します。

iOSでBoxerを起動させると、クライアント証明書による認証が行われ、Exchangeサーバへ接続されます。

このソリューションにより、BoxerでのExchange ActiveSyncのクライアント証明書認証において、大幅なキッティングの負荷軽減が可能となります。

関連ニュース

  1. 2018.09.10 BlackBerry WorkでのEAS証明書マッピング認証 技術資料
  2. 2018.07.17 Workspace ONEとPPSでの端末ポリシーチェック 技術資料
  3. 2018.06.12 AirWatchとPulse Secureでの端末ポリシーチェック 技術資料
  4. 2018.04.02 VMware Identity Managerでのクライアント証明書認証 技術資料
  5. 2017.12.20 AirWatchと連携したクライアント証明書発行配布 技術資料
  6. 2016.09.26 Officeモバイルアプリのクライアント証明書認証 アップデート
  7. 2016.01.29 BizMobile Go!でのiOSへの電子証明書配布 アップデート
  8. 2013.02.20 Exchange Serverでの証明書マッピング認証 技術資料
  9. 2011.11.16 iOSからMAGを経由したActiveSync 技術資料
  10. 2011.03.15 iOSからMicrosoft TMGを経由したActiveSync 技術資料
  11. 2011.02.23 BIG-IP Edge GatewayからのExchange Active Sync 技術資料
  12. 2010.08.31 iOSからFirePassを経由したActiveSync 技術資料

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ