Gléasと、株式会社ステラクラフトのRADIUSサーバ製品 Enterprasで、Wi-Fi認証(802.1x EAP-TLS)の動作確認を行いました。

設定手順PDF(2.5MB)

GléasからEnterprasにサーバ証明書を、Windows PCとiOSにクライアント証明書とWi-Fiの接続プロファイルを同時にインポートします。

これにより、利用者は複雑なWi-Fi設定をすることなくEAP-TLS認証によるWiFiアクセスができます。


Gléas内に2つめのルート認証局を設定し、Enterprasも2台目を用意します。認証先としてEnterpras#1を設定したアクセスポイントに、Gléas内の2つ目のルート認証局(IA #2)で発行された証明書を持つ端末がアクセスした場合は、Enterpras#1はRADIUSプロキシとなり、Enterpras#2でRADIUS認証が行われます。

この仕組みは大学間ローミング(eduroam)などの大規模な認証環境においても活用することができます。

関連ニュース

  1. 2018.07.17 Workspace ONEとPPSでの端末ポリシーチェック 技術資料
  2. 2018.02.06 Pulse Policy Secureでの802.1X EAP-TLS認証 技術資料
  3. 2013.04.11 アルバネットワークスのワイヤレスLAN製品に対応 ニュース
  4. 2012.08.21 iOSとWindows ServerでのEAP-TLS認証 技術資料
  5. 2011.10.28 Cisco Secure ACSでの802.1X(EAP-TLS)認証 技術資料
  6. 2011.06.29 Android での無線LAN(EAP-TLS)設定 技術資料
  7. 2011.01.20 Fullflex EG7で802.1X EAP-TLS認証 技術資料

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ