Gléasで発行したクライアント証明書を使って、Exchange OnlineでサポートされているExchange ActiveSync(EAS)でのクライアント証明書認証の動作検証を行いました。

設定手順PDF (1.2MB)

構成図
Exchange Onlineでのクライアント証明書認証

あらかじめAzure Active Directory(Azure AD)に、Gléasのルート証明書を信頼する認証局として設定します。

Gléasでは、iOSへ証明書を配布する際に、Exchange ActiveSyncの接続設定を構成プロファイルとして同時にインポートさせることが出来ます。

Gléasからクライアント証明書をインポートしたiOSでメーラーを起動すると、Exchange Onlineに証明書認証によるアクセスが可能な状態となっています。

このソリューションにより、iOSでのExchange Onlineのクライアント証明書認証において、大幅なキッティングの負荷軽減が可能となりました。

関連するコンテンツ

関連ニュース

  1. 2018.07.04 VMware BoxerとEASのクライアント証明書認証 技術資料
  2. 2016.09.26 Officeモバイルアプリのクライアント証明書認証 アップデート
  3. 2013.02.20 Exchange Serverでの証明書マッピング認証 技術資料
  4. 2011.11.16 iOSからMAGを経由したActiveSync 技術資料
  5. 2011.03.15 iOSからMicrosoft TMGを経由したActiveSync 技術資料
  6. 2011.02.23 BIG-IP Edge GatewayからのExchange Active Sync 技術資料
  7. 2010.08.31 iOSからFirePassを経由したActiveSync 技術資料

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ