Gléasで発行したクライアント証明書を使って、Office 365(ブラウザ/ネイティブアプリ)へのログインに、Active Directoryフェデレーションサービス(AD FS)での電子証明書認証の動作確認を行いました。

設定手順PDF(2.4MB)

Windows、OS X、Androidからはブラウザ/ネイティブアプリで
iOSからはネイティブアプリのOffice 365を使って検証しています。

ユーザはクライアント証明書の保持とパスワードのニ要素で認証されます。

Windows,OS X,AndroidからOffice 365とADFSでのクライアント証明書認証

iOSでは電子証明書認証にMicrosoft Authenticatorを使います。 iOSからOffice 365へのADFSを使った電子証明書認証

今回の検証でOffice 365へアクセスできるデバイスを、クライアント証明書認証によって限定できることが確認できました。

既存のWindowsサーバを活かしながら、iOS、macOS、AndroidでもOffice 365に証明書認証を導入したいと考える方にお勧めのソリューションです。

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ