Gléasで発行した電子証明書を使って、 セシオス株式会社のシングルサインオンサービス「Secioss Link」を経由した Microsoft Office 365 への SAML(Security Assertion Markup Language)シングルサインオンの動作確認を行いました。

ホワイトペーパー

設定手順PDF (約2.5MB)


構成概念図

SeciossLinkからOffice 365への証明書認証

検証概要

Windows と iOS にクライアント証明書をインポートし、ブラウザやOfficeアプリで Offce 365 へアクセスすると SAML 連携した SeciossLink へ転送されてクライアント証明書とID/パスワードの2要素認証をします。

SeciossLink では Office 365 との認証連携(フェデレーション)設定や ID 同期が自動的に行われるため、Gléasと組み合わせることにより容易にデバイス制限可能な環境の構築が可能となります。
また、証明書のユーザ情報を SeciossLink のログイン ID とすることが可能なため、デバイス制限だけでなく ID 詐称を防ぐことも可能となります。


個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ