SharePointでのクライアント証明書マッピング認証

Gléasで発行したクライアント証明書を使って、MicrosoftのSharePoint Serverでクライアント証明書マッピング認証をする場合の検証をおこないました。

設定手順PDF (1.9MB)

SharePointでのクライアント証明書マッピング認証

SharePointがGléasで発行したクライアント証明書の検証ができるよう、WindowsドメインにGléasのルート証明書を登録します。

SharePointにGléasで発行したサーバ証明書を、iOSにクライアント証明書をそれぞれインポートします。

iOSがSharePointへアクセスすると、SharePointはiOSから提示されたクライアント証明書の有効性を検証します。続いて、クライアント証明書に記載されたユーザプリンシパル名をActive Directoryに問い合わせ、ユーザの存在を確認してログインを認めます。

関連するコンテンツ

関連ニュース

2016.02.16 BIG-IP LTMでの電子証明書認証 技術資料
2015.09.07 Thunder ADCでの電子証明書認証 技術資料