Gléasで発行したクライアント証明書を使って、ジェムアルトのシングルサインオン/クラウドアクセス管理サービス「SafeNet Trusted Access」で、 Office 365ログイン時の認証を行う環境を検証しました。

設定手順PDF(1.6MB)

構成図
SafeNet Trusted Accessを使ったOffice 365証明書認証

あらかじめSafeNet Trusted Accessに、Gléasの認証局証明書を信頼する認証局として登録しておきます。

Gléasからジェムアルト株式会社のeToken5110+にクライアント証明書をインストールします。

WindowsからはExcelとEdgeを使って、macOSからはExcelとSafariを使ってOffice 365へアクセスします。
Office 365は認証をSTAに委任します。

STAはクライアントに電子証明書の提示を求め、ユーザはeTokenに格納された証明書を提示します。

このとき、eTokenに設定されたトークンパスワードの入力が求められるため、トークンの所持とパスワード(知識)による二要素認証となります。

関連するコンテンツ

関連ニュース

  1. 2019.03.04 KAMOME SSOを使ったG Suiteシングルサインオン 技術資料
  2. 2018.04.02 VMware Identity Managerでのクライアント証明書認証 技術資料
  3. 2017.03.08 Office 365とPingFederateでの電子証明書認証 技術資料
  4. 2016.08.26 SlinkPassによるiOS用Officeアプリでの端末認証 アップデート
  5. 2015.10.13 SeciossLinkクライアント証明書発行依頼機能対応 アップデート
  6. 2014.11.10 VANADISシリーズに対応 アップデート
  7. 2014.04.16 AccessMatrix USOとeTokenシリーズによる連携 技術資料
  8. 2013.05.09 HP IceWall SSOでの証明書認証 技術資料
  9. 2013.01.30 XenDesktopへのスマートカードログオン 技術資料
  10. 2012.01.06 WyseシンクライアントでのXenスマートカードログオン 技術資料
  11. 2011.07.14 WindowsへGemalto.NETキーでログオン 技術資料

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ