SafeNet Trusted Accessを使ったOffice 365証明書認証

Gléasで発行したクライアント証明書を使って、ジェムアルトのシングルサインオン/クラウドアクセス管理サービス「SafeNet Trusted Access」で、 Office 365ログイン時の認証を行う環境を検証しました。

設定手順PDF (2MB)

SafeNet Trusted Accessを使ったOffice 365証明書認証

あらかじめSafeNet Trusted Accessに、Gléasの認証局証明書を信頼する認証局として登録しておきます。Gléasからジェムアルト株式会社のeToken5110+にクライアント証明書をインストールします。

WindowsからはExcelとEdgeを使って、macOSからはExcelとSafariを使ってOffice 365へアクセスします。Office 365は認証をSTAに委任します。

STAはクライアントに電子証明書の提示を求め、ユーザはeTokenに格納された証明書を提示します。このとき、eTokenに設定されたトークンパスワードの入力が求められるため、トークンの所持とパスワード(知識)による二要素認証となります。

関連するコンテンツ

関連ニュース