Gléasで発行した電子証明書を使って、Windows ServerのNPS(ネットワークポリシーサーバ)とiOSで、無線LANの802.1X(EAP-TLS)認証を行う環境の設定例です。

設定手順PDF(1.2MB)

GléasからRADIUSサーバとなるNPSにサーバ証明書を、クライアントとなるiOSにクライアント証明書と無線LAN設定を含む構成プロファイルをそれぞれインポートします。
GléasはiOSへの証明書配布時に無線LAN設定を含めた構成プロファイル形式を取るため、iOSデバイス上で無線LAN設定をする必要はありません。
接続するSSIDを選択するだけで、自動的にクライアント証明書によるEAP-TLS認証がおこなわれます。

本環境では、アクセスポイントが802.1Xのオーセンティケータとなります。 iOSとWindows ServerでのEAP-TLS認証

電子証明書配布対象となるiOS端末の限定

クライアント証明書配布対象となるiOSデバイスの端末識別情報(UDID/IMEI)を事前にGléasに登録し、iOSが証明書取得のためユーザ用ウェブ画面にアクセスする際に、事前登録のあるデバイスだけに電子証明書を発行し、登録がない場合は電子証明書の発行を拒否する設定ができます。

電子証明書配布対象となるiOS端末の限定

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ