USBトークン

USBトークン(スマートカード)でのログオンは、USBトークンの所持と、暗証番号(PIN)の二要素認証になります。

クライアント証明書を含むUSBトークンでのログオンは、Windowsへのログオン、シンクライアントへのログオン、
クラウド/Webサーバーへのログオン、シングルサインオンへのログオンなどに幅広く活用されています。

GléasのUSBトークン(スマートカード)対応

Gléasは、日本セーフネットのeToken、ジェムアルトの.NET KEYをはじめとしたUSBトークンにクライアント証明書をインポートできます。

システム管理者側で、クライアント証明書と認証デバイスの管理ができるため、万が一USBトークンの紛失・盗難などがあった場合に速やかに該当の証明書の一時停止・失効させることができます。

Windowsログオン

電子証明書を格納したUSBトークン(スマートカード)を使ってActive Directory環境下でのWindowsログオンを可能にします。

Windowsドメイン環境では、Active Directoryのログオンがすべての認証の入口になるため、その強化はセキュリティの大きな改善と言えます。

認証サーバソフトやクライアントエージェントをインストールが不要のため、導入時やOSバージョンアップ時の負荷が小さくできます。

Gléasは、Active DirectoryへのUSBトークン(スマートカード)を使ったログオンのために、以下の機能を備えています。

  • ドメインコントローラ用の電子証明書の発行
  • Windowsスマートカードログオンに対応したクライアント証明書の発行
  • クライアント証明書をUSBトークン(スマートカード)に格納

事例

関連ニュース

  1. 2014.04.16 AccessMatrix USOとeTokenシリーズによる連携 技術資料
  2. 2013.05.09 HP IceWall SSOでの証明書認証 技術資料
  3. 2013.01.30 XenDesktopへのスマートカードログオン 技術資料
  4. 2012.01.06 WyseシンクライアントでのXenスマートカードログオン 技術資料
  5. 2011.07.14 WindowsへGemalto.NETキーでログオン 技術資料

機能の詳しいご説明や、お見積りをご希望の場合は
各地の販売パートナーをご紹介いたします。


お問い合わせ