デスクトップ仮想化

デスクトップ仮想化(Virtual Desktop Infrastructure / VDI)は、
標的型攻撃やマルウェアの脅威からデータを守るため、金融、保険、商社などの業種で導入が進んでいます。

また、在宅勤務/リモートワークやフリーアドレスを推進する企業にとっても注目の技術といえます。

電子証明書認証を使ったデスクトップ仮想化

デスクトップ仮想化で電子証明書認証をおこなうメリットは、
仮想デスクトップにアクセスできる端末を限定できる点です。

電子証明書認証時に、仮想デスクトップへのログインIDを
クライアント証明書から抽出することで、ログインIDの詐称を防ぐことも可能です。

一般的な電子証明書の配布は、電子ファイルによって行われますが、
複数の端末に証明書ファイルをコピーされる懸念があります。

Gléasの電子証明書配布は、ユーザ用ウェブ画面(UA)から直接端末に証明書をインポートできます。
証明書の秘密鍵が「エクスポート不可」として証明書ストアに格納された電子証明書は、
ファイルとして保存できないため、他のPCなどにコピーすることはできなくなります。

また、1枚の証明書に対して、ユーザ用ウェブ画面での端末へのインポートを1回に制限する
インポートワンス機能があります。

事例

関連ニュース

  1. 2016.12.05 NetScalerでのクライアント証明書認証 ホワイトペーパー
  2. 2013.01.30 Windows Embeddedでのスマートカードログオン ホワイトペーパー
  3. 2012.11.15 VMware Viewの認証強化とシングルサインオン ホワイトペーパー
  4. 2012.07.23 iOSからCitrix Receiverを使った証明書認証 アップデート
  5. 2012.01.06 Wyseシンクライアントでのスマートカードログオン ホワイトペーパー

機能の詳しいご説明や、お見積りをご希望の場合は
各地の販売パートナーをご紹介いたします。


お問い合わせ