Gléasで発行したクライアント証明書を使って、F5ネットワークス社のBIG-IP Edge GatewayとiOS用VPNクライアント BIG-IP Edge Clientでトンネリング接続を行う環境の設定例です。 

設定手順PDF (0.9MB)

GléasはiOSに証明書を配布する際に、Edge Clientのための接続設定(接続名、ホスト名、オンデマンド接続先)を構成プロファイルとして同時にインポートできます。
iOSでのVPN設定が不要となるため、キッティングの不可を軽減できます。

電子証明書配布対象となるiOS端末の限定

クライアント証明書配布対象となるiOSデバイスの端末識別情報(UDID/IMEI)を事前にGléasに登録し、iOSが証明書取得のためユーザ用ウェブ画面にアクセスする際に、事前登録のあるデバイスだけに電子証明書を発行し、登録がない場合は電子証明書の発行を拒否する設定ができます。

Apple Over the Air

会社でまとめてiOSを購入し、端末識別情報をGléasに一括登録するような運用の他にも、BYODの端末識別情報を個別にGléasに登録することで、会社が認識するiOSだけに証明書を配布して、社内システムやOffice 365などのクラウドサービスへのアクセスを許可するような運用も可能です。

本機能は、Apple Over The Air(OTA)のテクノロジーを使っています。

関連ニュース

  1. 2018.04.16 Pulse Connect Secureでの電子証明書認証 技術資料
  2. 2017.05.30 SafeNet認証サービスとSSL-VPN装置での証明書認証 技術資料
  3. 2017.04.19 Office 365とPulse Connect Secureでの電子証明書認証 技術資料
  4. 2016.12.05 NetScalerでの電子証明書認証 技術資料
  5. 2015.12.05 BIG-IP APMでの電子証明書認証 技術資料
  6. 2015.04.17 SonicWALL Aventailでの電子証明書認証 技術資料
  7. 2012.08.24 MAGからGoogle Appsへのシングルサインオン 技術資料

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ