Gléasから発行された電子証明書を使って、F5ネットワークスのロードバランサ BIG-IP LTM(Local Traffic Manager)で電子証明書認証の動作確認を行いました。

設定手順PDF (2.4MB)

構成図
BIG-IP LTMでの電子証明書認証

Gléasでサーバ証明書を発行し、BIG-IP LTMに設定します。
続いて、クライアント証明書の検証のため、BIG-IP LTMにGléasのルート証明書と証明書の失効リストを設定します。

Gléasからクライアント証明書をインポートしたWindowsで、BIG-IP LTMにアクセスすると、証明書を要求されます。
有効なクライアント証明書を持つクライアントPCだけが負荷分散されたWebサーバに接続できます。

関連するコンテンツ

関連ニュース

  1. 2015.12.05 BIG-IP APMでの電子証明書認証 技術資料
  2. 2015.09.07 Thunder ADCでの電子証明書認証 技術資料
  3. 2013.02.05 BIG-IP Edge GatewayとiOSでの電子証明書認証 技術資料

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ