Gléasと、エクスジェン・ネットワークス株式会社のID管理製品「LDAP Manager」と連携してクライアント証明書の発行・失効を操作する動作確認を行いました。

設定手順PDF(2MB)

LDAP ManagerコンソールからCSVプラグインを利用して、ユーザIDを追加すると、LDAP ManagerはGléasのIDM連携APIを利用して、Gléasにアカウント登録/証明書発行依頼をおこいます。
Gléasはリクエストに応じて、アカウントに設定されたグループのテンプレートに沿った適切な証明書を発行します。

また、LDAP MagagerでユーザIDを削除すると、APIを通じてリクエストを受け取ったGléasは、アカウント削除/証明書の失効をおこないます。

このソリューションによって、管理者はLDAP Managerを操作するだけで、Gléasのテンプレート機能により、アカウントごとに適切な証明書を発行したり、証明書の失効ができます。
管理者にPKI(公開鍵基盤)の知識がなくても、適切な認証局運営が可能です。

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ