Gléasで発行したクライアント証明書を使って、Office 365(ブラウザ/ネイティブアプリ)へのログイン時に、Pulse Secure社の Pulse Connect Secure で電子証明書認証をおこなう環境を検証しました。

設定手順PDF (2.2MB)

構成図
Office 365とPulse Connect Secureでの電子証明書認証

あらかじめPulse Connect SecureにGléasが発行したサーバ証明書を設定し、信頼するクライアント証明書の認証局として、Gléasのルート証明書を登録します。

Windowsからブラウザ/ネイティブアプリで、iOSからネイティブアプリでのOffice 365へアクセスします。

Office 365は、SAMLで連携するPulse Connect Secureに認証を委任します。

Pulse Connect Secureではパスワードと証明書による認証が行われます。
iOSでは電子証明書認証にMicrosoft Authenticatorを使います。

GléasはiOSへの証明書配布時に、VPNの接続設定(接続名、ホスト名、オンデマンド接続先)を同時にインポートできるため、iOS端末での接続設定を省くことができます。

このソリューションにより、1枚の証明書でOffice 365へのログインと、Pulse Connect SecureへのSSL-VPN接続の2種類の用途をカバーすることができます。

関連するコンテンツ

関連ニュース

  1. 2019.03.20 MobileIronとPulse SecureでのPer-App VPN 技術資料
  2. 2019.02.27 Workspace ONEとPulse SecureでのPer-App VPN 技術資料
  3. 2018.12.27 Office 365とADFSでのクライアント証明書認証 技術資料
  4. 2018.06.12 AirWatchとPulse Secureでの端末ポリシーチェック 技術資料
  5. 2018.04.16 Pulse Connect Secureでの電子証明書認証 技術資料
  6. 2018.04.02 VMware Identity Managerでのクライアント証明書認証 技術資料
  7. 2017.03.08 Office 365とPingFederateでの電子証明書認証 技術資料
  8. 2016.12.26 Office 365の端末認証についてのインタビュー記事 メディア掲載
  9. 2016.09.26 Officeモバイルアプリのクライアント証明書認証 技術資料
  10. 2016.08.03 クライアント証明書によるOffice 365の先進認証 アップデート
  11. 2013.03.19 SeciossLinkからOffice 365への証明書認証 技術資料

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ