Office 365とPulse Connect Secureでの電子証明書認証

Gléasで発行したクライアント証明書を使って、Office 365(ブラウザ/ネイティブアプリ)へのログイン時に、Pulse Secure社の Pulse Connect Secure で電子証明書認証をおこなう環境を検証しました。

設定手順PDF (2.2MB)

Office 365とPulse Connect Secureでの電子証明書認証

あらかじめPulse Connect SecureにGléasが発行したサーバ証明書を設定し、信頼するクライアント証明書の認証局として、Gléasのルート証明書を登録します。

Windowsからブラウザ/ネイティブアプリで、iOSからネイティブアプリでのOffice 365へアクセスします。Office 365は、SAMLで連携するPulse Connect Secureに認証を委任します。

Pulse Connect Secureではパスワードと証明書による認証が行われます。iOSでは電子証明書認証にMicrosoft Authenticatorを使います。

GléasはiOSへの証明書配布時に、VPNの接続設定(接続名、ホスト名、オンデマンド接続先)を同時にインポートできるため、iOS端末での接続設定を省くことができます。このソリューションにより、1枚の証明書でOffice 365へのログインと、Pulse Connect SecureへのSSL-VPN接続の2種類の用途をカバーすることができます。

関連するコンテンツ

関連ニュース