Gléasで発行した電子証明書を使って、PulseSecure社のネットワークアクセスコントローラ Pulse Policy Secure で802.1X EAP-TLS接続をおこなう環境の設定例です。

設定手順PDF(3.7MB)

構成図
Pulse Policy Secureでの802.1X EAP-TLS認証

Pulse Policy Secureに、Gléasで発行したサーバ証明書を設定し、信頼するクライアント証明書の認証局として、Gléasのルート証明書を登録します。

また、クライアント端末(WindowsとiOS)でGléasのユーザ用ウェブ画面にアクセスし、クライアント証明書をインポートします。

Gléasは証明書の配布時に、無線LANの接続プロファイルをクライアントにインポートさせることができます。
設定したSSIDへ接続すると、自動的にGléasが発行したクライアント証明書による証明書認証が行われるため、ユーザ負荷を軽減できます。

なお、無線LANだけでなく有線LANにも証明書認証を導入できます。

関連ニュース

  1. 2018.07.17 Workspace ONEとPPSでの端末ポリシーチェック 技術資料
  2. 2018.06.12 AirWatchとPulse Secureでの端末ポリシーチェック 技術資料
  3. 2018.04.16 Pulse Connect Secureでの電子証明書認証 技術資料
  4. 2017.08.31 EnterprasでのEAP-TLS認証連携 技術資料
  5. 2013.04.11 アルバネットワークスのワイヤレスLAN製品に対応 ニュース
  6. 2012.08.21 iOSとWindows ServerでのEAP-TLS認証 技術資料
  7. 2011.10.28 Cisco Secure ACSでの802.1X(EAP-TLS)認証 技術資料
  8. 2011.06.29 Androidでの無線LANの電子証明書認証 技術資料
  9. 2011.01.20 Fullflex EG7で802.1X EAP-TLS認証 技術資料

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ