Pulse Policy SecureでのEAP-TLS証明書認証

Gléasで発行した電子証明書を使って、PulseSecure社のネットワークアクセスコントローラ Pulse Policy Secureで802.1X EAP-TLS接続をおこなう環境の動作確認をおこないました。

設定手順PDF (3.7MB)

Pulse Policy SecureでのEAP-TLS証明書認証

Pulse Policy Secureに、Gléasで発行したサーバ証明書を設定し、信頼するクライアント証明書の認証局として、Gléasのルート証明書を登録します。

また、クライアント端末(WindowsとiOS)でGléasのユーザ用ウェブ画面にアクセスし、クライアント証明書をインポートします。

Gléasは証明書の配布時に、無線LANの接続プロファイルをクライアントにインポートさせることができます。設定したSSIDへ接続すると、自動的にGléasが発行したクライアント証明書による証明書認証が行われるため、ユーザ負荷を軽減できます。

なお、無線LANだけでなく有線LANにも証明書認証を導入できます。

関連するコンテンツ

関連ニュース