Gléasが発行する電子証明書のダイジェストアルゴリズムのデフォルト設定を
SHA-1からSHA-2への変更する方法を解説します。

設定手順PDF(4.2MB)

SHA-1ハッシュ関数の脆弱性が指摘され、米国の国立標準技術研究所は、SHA-2への移行を勧告しました。
また2013年にMicrosoft社はルート証明書プログラムでの
SHA-1ハッシュアルゴリズムの廃止を発表しました。
それによるとWindows環境において、SHA-1のSSLサーバ証明書が
2017年1月1日以降利用することが出来なくなります。