Gléasと、株式会社カスタムテクノロジーのID管理製品 SyncTrust Identity Manager(以下、SyncTrustと記載)を連携して、クライアント証明書の管理における動作確認を行いました。

設定手順PDF (1.7MB)

SyncTrustの管理画面でユーザIDを作成すると、SyncTrustはActive Directoryへアカウント同期をおこない、GléasのIDM連携APIを利用して、Gléas内にアカウント登録/証明書発行依頼をおこいます。

Gléasはリクエストに応じて、アカウントに設定されたグループのテンプレートに沿った適切な証明書を発行します。

SyncTrustの管理画面でユーザIDを削除すると、SyncTrustはActive Directoryの対象ユーザアカウントを削除し、GléasのIDM連携APIを利用して、Gléas内のアカウント削除/証明書の失効依頼をおこないます。

構成図
SyncTrustとのクライアント証明書の管理連携

このソリューションによって、管理者はSyncTrustでユーザ作成/削除をするだけで、Gléasでのアカウント操作と証明書管理ができます。
Active DirectoryとAzure ADのID同期まで連携させることで、Office 365へのアクセス認証にクライアント証明書を使う場合に、管理業務を省力化し、また適切な証明書管理をすることができます。

関連ニュース

  1. 2017.06.06 LDAP Managerからの証明書発行・失効操作 技術資料
  2. 2014.11.10 VANADISシリーズに対応 アップデート

関連するコンテンツ

個別の環境でのテストや、お見積もり、ご相談をご希望の方は、
下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ