ActiveSyncでの証明書認証

メールやカレンダーを社外で確認し、同期するのにExchange ActiveSyncは便利です。
iPhoneやiPadなどのiOSデバイス、Androidでも設定できます。

しかし社外からのアクセスにパスワード認証だけでは十分なセキュリティとは言えません。
証明書認証を使うことで、Exchange ActiveSyncをセキュアに利用できます。

Gléasは、iOSデバイスに対して、クライアント証明書に加えてExchange ActiveSyncの
接続設定を含む構成プロファイルをインポートさせることができます。
そのため、ユーザは構成プロファイルをインポートし、メーラーを立ち上げるだけで
Exchange ActiveSyncが使えるため、キッティングの手間を軽減できます。

なお、Office 365だけでなく、オンプレミスのExchangeサーバとの同期にも証明書認証が利用可能です。

関連ニュース

  1. 2016.09.26 Exchange Onlineでのクライアント証明書認証 アップデート
  2. 2013.02.20 Exchange Serverでの証明書マッピング認証 ホワイトペーパー
  3. 2011.11.16 iOSからMAGを経由したActiveSync ホワイトペーパー
  4. 2011.03.15 iOSからMicrosoft TMGを経由したActiveSync ホワイトペーパー
  5. 2011.02.23 BIG-IP Edge GatewayからのExchange Active Sync ホワイトペーパー
  6. 2010.08.31 iOSからFirePassを経由したActiveSync ホワイトペーパー

機能の詳しいご説明や、お見積りをご希望の場合は
各地の販売パートナーをご紹介いたします。


お問い合わせ