Office 365へアクセス可能な端末の限定

Office 365の利便性は理解できるものの、メール、エクセル、ワードなどのデータが
IDとパスワードの組み合わせだけで、どこからでもアクセスできることに不安を感じ
導入に踏み切れないケースもあります。

Microsoftはそうしたユーザ企業の要望に応え、
Office 365に電子証明書認証を対応させています。
Windowsだけでなく、OS X、iOS、AndroidのOfficeネイティブアプリでも証明書認証が使えます。

Office 365へのアクセスは、認証サーバで承認されるクライアント証明書を持つ端末だけに限定できます。
これにより、不正アクセスだけでなく、
正当な権限を持つユーザであっても、管理者に認められた端末以外からのアクセスを防ぐことができます。

証明書認証に加えて、連携するAD FSなどの認証サーバでパスワード認証を組み合わせることで、
二要素(多要素)認証とすることもできます

認証サーバはSAML(Security Assertion Markup Language)に対応している必要があります。
JS3がOffice 365との連携を確認したSAML対応認証サーバは下記のとおりです。

  • マイクロソフト Active Directory Federation Serivce (AD FS)
  • パルスセキュア Pulse Connect Secure
  • F5ネットワークス BIG-IP APM
  • セシオス SeciossLink
  • ピンアイデンティティ PingFederate

その他の認証サーバについてはお問い合わせ下さい。

事例

関連ニュース

  1. 2017.04.19 Office 365とPulse Connect Secureでの電子証明書認証 ホワイトペーパー
  2. 2017.03.08 Office 365とPingFederateでの電子証明書認証 ホワイトペーパー
  3. 2016.12.26 Office 365の端末認証についてのインタビュー記事 メディア掲載
  4. 2016.09.26 Office 365とADFSでのクライアント証明書認証 ホワイトペーパー
  5. 2016.09.26 Officeモバイルアプリのクライアント証明書認証 ホワイトペーパー
  6. 2016.09.26 Exchange Onlineでのクライアント証明書認証 ホワイトペーパー
  7. 2016.08.03 クライアント証明書によるOffice365先進認証 アップデート
  8. 2014.06.04 ADFSと証明書でOffice 365への安全な接続 ホワイトペーパー
  9. 2013.03.19 SeciossLinkからOffice 365への証明書認証 ホワイトペーパー

機能の詳しいご説明や、お見積りをご希望の場合は
各地の販売パートナーをご紹介いたします。


お問い合わせ